« 暗闇から日差しのなかへ | トップページ | お見通しだヨ »

2018年11月13日 (火)

函館・旧本久商店倉庫

 函館は、学生時代の4年間過ごした街です
まったくの極貧生活で 食べ物を買うお金がなくなり
玉ねぎの茶色い皮を食べたこともありました
美術科の油絵専攻で 描くモチーフを探し 街の中を
すきっ腹で歩き廻ったものです
今では一大観光エリアになっている 金森倉庫あたりも
当時は まったく静かな港の一角にすぎませんでした
新島襄渡航の碑がある場所が好きで
時々行っては 連絡船の行き来をみていたものです
本久商店倉庫は そんな港の一角にある建物です
お酒問屋の本久商店の倉庫だったようです
近くには日本最古のコンクリートの電柱があり
古い建物が点在しています
この青い建物を見た瞬間
ググっと引き付けられるものがありました
函館の絵をこれから 何枚か描いていこうと思います
その最初に この倉庫を描くことにしました
今は 飲食店として活用されているようですが
行ったときは シャッターが下ろされていました
 
Photo
 
B4のイラストボードにアクリル絵具で描き
チョット パソコンで遊びました

« 暗闇から日差しのなかへ | トップページ | お見通しだヨ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2378048/74590397

この記事へのトラックバック一覧です: 函館・旧本久商店倉庫:

« 暗闇から日差しのなかへ | トップページ | お見通しだヨ »