« 札幌 よさこいソーランで賑わう大通公園 | トップページ | 札幌 旧メソジスト教会堂 »

2017年4月17日 (月)

札幌 時計台

Jpg
 
  時計台は、札幌のシンボルです。今は、ビルの谷間に
ひっそりと立っています。観光にやってきた方が
時計台をバックにベストポジションで納まるように
「お立ち台」(勝手に私が名づけました…)があったり
道を挟んだ向かいのビルには、二階に上がり見下ろす
ことのできる、テラスもあります。
「日本三大ガッカリ」との汚名を挽回しようと必死のようです。
  そんな街中の時計台に、さらなる試練が迫っています。
後ろのビルよりはるかに大きな建物が建築中です。
「市民交流プラザ」というのだそうです。
 
  明治11年に造られたこの建物が一世紀半大切に
街の象徴として愛されてきました。私には、
ビルの谷間にひっそりと佇む姿は、決して哀れとは映りません。
原生林を切り開き、大都会をつくりあげた道民の
エネルギーの原点が、この建物には秘められているように
思うからです。
時計台の姿は、新しいスマートな建物にはない、風雪に耐えた
誇りのようなものを感じます。
 
  B3のイラストボードにチャコールペンシルと
アクリル絵具で描きました。
 

« 札幌 よさこいソーランで賑わう大通公園 | トップページ | 札幌 旧メソジスト教会堂 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2378048/70288232

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌 時計台:

« 札幌 よさこいソーランで賑わう大通公園 | トップページ | 札幌 旧メソジスト教会堂 »