« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月21日 (木)

過去から吹いてくる風を感じます

 札幌の中心に、赤煉瓦の道庁の庁舎があります。
どっしりと佇む姿は、時代を越えた風格があります。
 庁舎の前は池になっていて、市民の憩いの場とも
なっています。絵を描く人にとって、絶好の写生スポット
でもあります。

Photo

 横浜の赤煉瓦倉庫も素敵でした。流れる風が遥か明治・大正
の世から吹いてくるような気持になりました。

Photo_3

 横浜元町の山手聖公会は、大谷石で建てられていました。煉瓦とは
ひと味違った、どっしりとした姿からは想像できないほど受難の歴史が
あったのだそうです。

Photo_4

 それぞれの地で雨風に耐え今に残る建物には、その地の哀愁が衣となり
なんとも魅力ある姿で迫ってきます。

 Photo_5


2016年7月13日 (水)

ちょっと似てない「似顔絵」

 ながく小学校で先生をしていました。
私は、子どものころ家庭の事情が色々あり
辛い子供時代でした。
子どもは、大人のつくった世界から逃れる
ことができません。だからこそ、子ども達の
周りの大人は、しっかりと考えてあげなくては
ならないのだと思います。
私は、幼いころどうにもできない境遇に
ひねくれた心根が支配してました。
(今も少々ひねくれてます(^-^;)
 そんな私の「曲がった」心を治してくれた
高校時代の先生がいました。
その時、教育は凄いと思いました。
私などは、力不足で思い返すたび至らないことばりで
恩師の境地には、到底たどり着くことなく
定年を迎えてしまいました。
そんな私ですが、辛い中に佇む子をみると
幼かったわが身をみる思いで
知らんぷりできないところがあり
いつも声をかけていたと思います。
最後の数年は、校長を勤めさせてもらいましたが
なにかできることがないかと思い
あまり似ていないのですが
厚紙に一人一人の顏を描いて
プレゼントしていました。
厳しい人生の荒波を夢をもって
すすんでほしいと願って筆をすすめて
いました。
絵描きとしての原点の一つでもあります。

その「似顔絵」の一つをご覧いただければ
と思います。

Photo

 本来は、卒業生一人ひとりとお話ししながら
描きたいところでしたが、今の教育現場には
そのような、ゆとりの時間はありませんでした。
卒業アルバム用に撮影した写真をみながら
帰宅後、何日もかけ描いていました。

Photo_2

 子ども達が、平和で幸せいっぱいの日々を
過ごしてほしいと願うばかりです。









2016年7月10日 (日)

あったかにゃんちゃん

 我が家の「しゅんちゃん」は、二代目
初代は、「ちょこちゃん」なかなかの美人さんでした。
しゅんちゃんは、運動神経抜群
人恋しく甘えん坊
みているだけで、笑顔になります。

Photo

 
 みているだけで、ほほ笑んでしまうようなそんな
絵が描けるようになりたいと思っています。

Photo_2

 
ニャンちゃんシリーズの最近作です。

2016年7月 4日 (月)

今日のあったかイラスト

 私は、ホッカイドウに住んでいます。猛暑のニュースを聞くと嘘のような今日の涼しさです。
自然災害が次々と繰り返され、この島国のおかれた環境の厳しさを感じるのですが、
その一方で、特にこのホッカイドウでは、四季の変化が見事に感じられ、豊かで清らかな
水や美味しい空気に満ちています。その中で、生きている人の姿や雨風に耐えたつ建物を通し、
「あったか」さを色や形にしたいなぁと思っています。

Photo


 マッサンで再び有名になったニッカの蒸留所のある余市町ですが、奇岩のならぶ
美しい海と、りんごやブドウの実る豊かな大地に恵まれた素晴らしいところです。
先日まで、余市ワイナリーのアトリエという展示施設で1ケ月間個展をひらかせて
もらいました。ゴールデンウィークと重なったこともあり、沢山の方に作品をみて
もらい、心温まる励ましのお言葉を沢山もらうことが出来ました。
 その展示会場に、私の教え子だったnaoちゃん(ココログのブロガー)が、小学生に
なったばかりの可愛い男の子と旦那様とで観にきてくれました。
naoちゃんの担任だった時は、髪もふさふさで若かった私でしたが
今は、ハゲで白髪で、きっとビックリしたことでしょう。
そのnaoちゃんが、ブログをつくることをすゝめてくれました。
それから、しばらく経っての先日、美しいスケッチが描かれたポストカードが我が家に
届きました。“ブログ楽しみにしています(^-^)”と短いコメントがありました。パソコンが
あまり得意でない私が、ブログ制作を先延ばししていた、私のスイッチを押してくれました。
 さて、このイラストは、余市にある福原漁場という建物です。鰊が押し寄せた頃の
栄華を感じる見事な佇まいを今に残しています。

Photo_2

 去年、寅さんのファンの私、柴又に行って寅さんの絵を描きたいなぁと東京に行きました。
 ところが、寅さんの絵は映画会社の関係で描いてはいけませんと、寅さん記念館の
方に言われてしまいました。まぁ、そうなのかぁと、うなだれて矢切の渡しの絵を描き、
浅草に立ち寄りました。

Photo_3


 大井町のホテルに宿をとっていたので、次の日は横浜に行きました。元町付近を歩き
学生時代過ごした函館の雰囲気に似たものを感じ何枚かの絵にしました。

Photo_4


 Photo_5

 港・洋館・海・潮風・カモメ…いいよなぁ

Photo_6

 私の暮らす街の中心に公園があります。冬は、雪まつり。初夏は、よさこいソーラン。
途切れることなく、花や食をテーマしたイベントがいつもひらかれています。
延焼を防ぐ目的で明治の時代につくられた空間だったそうです。
今は、コミュニティー空間として街のシンボルの一つです。

Photo_7

 大通公園から少しのところに、知事公館があります。
北欧風の素敵な建物です。

Nyanchan_3


Photo_8

 今日の最後ににゃんちゃんで、閉めますね。うちのしゅんちゃんは、
「おはよう」と「ごはん」の二つの言葉を話すんですhappy01

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »